本文へスキップ

賢く 優しく 逞しく

電話でのお問い合わせはTEL.048-471-1062

〒353-0007 埼玉県志木市柏町3−2−1

校長室より


今週に入って急に寒くなりました。秋を通り越して冬になってしまったようです。
最近の子供たちは夢がないと言われているそうですが、小学生だからこそ夢をもって毎日を過ごしてほしいと思っています。今月は先週末、私の小さな夢が叶ったことを紹介しながら夢についてお話をしました。高学年の子供たちが真剣に話を聴いていました。


 今日は、夢についてお話をします。
夢といっても、眠っているときにみる夢のことではありません。やってみたいと強く思っていることや、こんな風になりたいなと願っている夢のことです。
 校長先生にもたくさんの夢があります。先週の土曜日、その夢のうちの1つを叶えることができました。
その時の写真があるので、見てください。

普通の学校の前で撮った写真のように見えますが、よく見てください。学校の名前が珍しいのです。
気が付いたと思いますが、校長先生と同じ名前の小学校なのです。可知という名前はとても珍しい名前ですから、どうしてこの名前になったのか子どもの頃から、ずっと不思議でした。そして、今から10年くらい前に、可知という名前のついた街があるということを、知りました。そして、可知小学校という学校があることを知ったとき、どうしても見に行って直に見てみたいと思っていました。この小学校は岡山県にあります。新幹線と電車に乗って片道4時間近くかかって、ようやく学校にたどり着きました。他の人にとっては、きっと大したことではないかもしれません。でも、校長先生にとっては、長い間、夢見ていたことが叶った、忘れられない出来事の1つになりました。
夢には大きな夢もありますが、こうした小さな夢もたくさんあることでしょう。小さな夢を一つ一つ叶えていくことで、やがて大きな夢を叶えることになるような気がします。
夢のことを英語でドリームと言います。アメリカの人で
アイ ハブ ア ドリーム・・・(私には夢があります)という演説をした有名な牧師さんがいました。マーティン・ルーサー・キング・ジュニアという方で、黒人に対する差別をなくそうと力を尽くした人です。キング牧師と呼ばれています。その昔、今から55年くらい前のアメリカでは、肌の色が違っていることで差別をしてしまうことが、
たくさんありました。キング牧師も黒人です。キング牧師は、どのような夢があると言っていたのでしょうか。
演説の中でこう言っています。「私には夢がある。それは、いつの日か、私の4人の幼い子供たちが、肌の色によってではなく、人格そのものによって評価される国に住むという夢である。」肌の色が違うというだけで、馬鹿にされたり、いじめられたりしない世の中を願っていたのです。
キング牧師の夢はとても大きな夢でした。1964年にはノーベル平和賞を受賞しています。そして、その年の7月には、人種による差別を禁止する法律もできました。キング牧師が望んでいた、肌の色によって差別される世の中はなくなりました。夢を叶えたのだと思います。
校長先生にもたくさんの夢があります。さあ、皆さんには夢はありますか。今度、皆さんの夢について聞かせてください。
お話を終わります。  
          10月17日(火)全校朝会より








information

志木市立志木第三小学校

〒353-0007
埼玉県志木市柏町3−2−1
TEL.048-471-1062
FAX.048-473-4823